新学部・学科の構想を仕上げるため、高校生などの意見・評価を取り入れたい

1. 3~4年後の設置を想定、分野系統は決めているが、具体的にどのような学部・学科が最適か。

  • 構想中の分野系統から考えられる新学部・学科が、世の中の動向・高校生のニーズに即しているか検証し、 “教育の特色”・“育成される人材像”に対する期待・ 要望を聴取する。
  • 他大学の既存学部・学科との比較によって、 浸透度(認知・好感・進学検討意向など)の水準を把握する。

2. 検討中の新学部・学科アイディアは複数の候補があり、いずれに絞り込むべきか。

  • 教職員採用・カリキュラム準備のため、候補の中から有望かつ支持される学部・学科を選定する。
  • 新学部・学科のコンセプトについて高校生から評価を得て、「魅力」と評価されたポイントから新学部・新学科の訴求点を洗い出す。

3. 新学部・学科のネーミングはなんと名付けるべきか。

  • 新学部・学科の教育内容・カリキュラム等は決定している。高校生の興味を喚起し、進学検討に繋がるような名称を選定する。

調査でできること

  • 新学部・学科のコンセプトを調査結果を基に再検討〜確定。教職員採用・カリキュラム準備に進める。
  • コンセプトに高反応の高校生をターゲットとした広報戦略を策定する。

調査概要

調査対象

貴学所在・周辺エリアに居住する高校生1~3年生
※全国を対象とすることも可能

調査方法

インターネットモニターを対象としたWEB調査

調査項目

15〜20問程度

  • 希望進路・分野,進学先を検討する際の重視点
  • 貴学および競合大学の認知度,進学検討意向
  • 新学部・学科コンセプトの魅了点,新学部・学科名称案の評価
  • 貴学あるいは競合大学に設置された場合の進学検討意向

調査実施フロー

  1. 調査企画・調査票設計のためのお打合せ 通常2〜3週間
  2. 実査準備・実査 通常1〜2週間
  3. 集計〜分析レポート作成 通常2〜3週間

アウトプット【例】

報告書,自由回答集,クロス集計表

【オプション調査】出口(卒業後の進路・就職)受容性の検証

調査対象

企業採用担当者 貴学卒業生の採用実績がある企業など

調査方法

オンライン・デプスインタビュー調査

調査費用概算

※最小規模で調査実施した場合の費用概算となります。
調査規模(対象者・回収数)、調査実施方法・謝礼の有無などの仕様選択により、金額は変動致します。詳細は別途お見積り致します。

調査対象 調査方法 回収想定 費用概算例
高校生 インターネットパネル 300人 120万円〜(税別)
【オプション】企業採用担当者 オンライン・デプスインタビュー 6人 130万円〜(税別)

その他の大学・教育に関する調査を見る

新学部・学科設置のためのニーズ調査
新学部・学科設置のための受容性調査
入学者調査
非入学者・非出願者調査
在学満足度調査
卒業時満足度調査
ステークホルダーズ調査