株式会社アンド・ディが2020年、2021年に行った観光に関する企業様・自治体様の調査事例、自主調査をご紹介いたします。

企業様・自治体様調査事例

■2020年11月

東京都産業労働局
「ビッグデータを活用した観光行動分析実証事業」レポート公開

都内23区5か所に訪れている外国人旅行者の観光行動や消費行動に関する実態調査

インバウンド旅行者に関わるビッグデータの収集・解析、リサーチ・分析を行い、総合的に旅行者を把握し観光事業者の皆さまの参考としていただけるようなレポートを作成いたしました。

報告書:ビッグデータを活用した観光行動分析実証事業

■2021年6月

じゃらんリサーチセンター
とーりまかし「新型コロナウイルス感染症の拡大による旅行意識の変化」に関する調査

旅行に行きたい気持ちを阻害する要因がどのような要因により構成されているのか、旅行意向の強さによってタイプ分けされたグループ間でどのような差異があるのか、その意識を定性調査(デプスインタビュー)の結果から紐解いたもので、今後の施策立案に活用できるようになっています。

「とーりまかし」2021年6月発行

■2021年11月

じゃらんリサーチセンター
とーりまかし「観光ブランディング研究[中間報告]」が発表されました

株式会社リクルートじゃらんリサーチセンター(JRC)研究員の方々の2020年度の研究をまとめた論文集、 『とーりまかし別冊 研究年鑑2021』が発行されました。
この中で、今回弊社がサポートさせていただいている「観光ブランディング研究〔中間報告〕」が紹介されています。

この研究は、一部の人気都市、観光地に観光客が一極集中することなく、大小さまざまな観光地の独自の魅力=観光ブランドが伝わることで、「量より質」の選択肢が増えて日本の観光の多様性が実現され、日本の観光産業を底上げするのでは、という問題意識がスタートになっています。

[とーりまかし別冊] 研究年鑑2021

自主調査

■2020年10月

【自主調査】8月の旅行状況:2019-2020年比較

新型コロナウイルス渦で実施されたGoToトラベルキャンペーンの影響を受けた2020年と2019年の夏休み・お盆休み旅行シーズンである8月の旅行状況について調査を実施しました。3回に分けてご紹介しております。
①8月の国内宿泊旅行の実施状況
②今後1年以内の旅行意向
③これまで最も記憶に残っている旅行先

■2020年12月

第三波直前・10月以降Go To キャンペーン開始後の旅行動向は…【新型コロナ関連自主調査】

「Go To トラベル」キャンペーンが東京都も含めた全国で展開された2020年10月1日以降の旅行動向について、2020年11月の連休後に調査を行いました。

■2021年1月

緊急事態宣言直前・年末年始はどう過ごした?【新型コロナ関連自主調査】

2020年11月以降の新規感染者数の増加を受けて、2021年1月7日には再び一部の都道府県に緊急事態宣言が発出されました。この直前のタイミングとなった’20年~’21年年末年始の旅行のに関する調査を行いました。

■2021年6月

【2021年緊急事態宣言下】ゴールデンウイークの旅行動向と夏休みの意向は?【新型コロナ関連自主調査

2021年6月時点にて新型コロナウイルスの感染がなかなか収まらず、「旅行」を取り巻く状況は厳しい日々が続いています。そこで、ゴールデンウイークをはさみ、東京都、長野県、愛知県、及び九州にお住まいの方を対象に旅行に関する調査を実施しました。

観光に関する調査ラインナップ

お問い合わせ

株式会社アンド・ディは、調査企画のご相談から結果ご報告後のアフターフォローまでのフルパッケージ調査を年間150本以上実施しています。また、15年以上の調査実績・経験に加え、AIを活用したデータ処理・分析などを取り入れた新しい調査・分析も行っております。

調査に関するお見積りやご相談は、下記よりお気軽に問合せください。

お問い合わせ